Now Loading...

Now Loading...

2017年6月01日~6月15日稼働率ランキング

2017年6月1日~15日までの全国稼働率ランキング。
参照するのはメディアシステム株式会社の客数調査システム
「エンタープライズ」。

日本全国各地の約6,000店舗の客数状況を把握できる。
6月は上半期にて最も落ち込む月となる。

ゴールデンウィークの反動が6月中にも影響を及ぼし、
控える盆期間に向けても出費を抑える傾向がある。

また、祝日のない6月は平日集客が中心となることからも
平均稼働率は上がらない傾向にある。
そのような状況下の6月前半の状況をみていきたい。

2017年6月1日~15日 15時稼働ランキング 

1位にランクインされたのが、福岡県西区にあるワンダーランド小戸Ⅱ。
九州全域に店舗を展開する株式会社平興産の店舗。

九州各地にて高稼働店舗をいくつも運営している。
ワンダーランド小戸Ⅱはこれまでも
たびたびランキング上位に顔をだしているが、
1位となったのは今回が初となる。近隣に4円、1円ぱちんこ、
20円スロットで運用をするワンダラーンド小戸本店があり、
ワンダーランド小戸Ⅱは1円ぱちんこ、5円スロットの低単価専門店。

新機種導入も積極的に行うが、
低単価専門店でありながら開店前の整理券配布等の運用を整然と行い、
開店時から多くの客数でにぎわう店舗である。

2位は上位常連の333。このランキングを常々
ご覧いただいている方の中の多くに、
この店舗を視察に行かれる方が多いのだが、行かれたかた全ての方が
「なんであんなにシンプルなのに高稼働なんだ」という意見を持たれる。

業界の特性上、客数が減少していくと、装飾物が増加する傾向にあるのだが、
この店舗においてはその真逆となっている。

3位は神戸のアクセス三宮店。このところ上位にランクインすることが多いが、
三宮駅前のぱちんこ店舗が立ち並ぶ立地にて、
高稼働を実現していることで知られる店舗である。

駅前繁華街の立地ながら、ぱちんこフロアは圧倒的なドル箱が目に付く店舗でもある。

4位以降にもランキング掲載常連店舗が並ぶ。

4位の長崎県、ダイナム佐世保店はダイナム従来の480台型ではなく、
ぱちんこ360台、スロット150台の計510台という、大型化したダイナムの店舗である。

2円、1円ぱちんこ、10円、5円スロットを運用する低単価専門店型式。
スロット150台中、5円スロットは30台。

スロットの中心は10円スロット部門であり、
ここには40台のジャグラーシリーズが設置されており、
ここが稼働の中心となっている。10円スロットの高稼働が実現する九州ならではともいえるか。

10位にランクインしたのが大阪にて四海楼の名にて
店舗を展開する光明興業株式会社のスロット専門店。

大阪大繁華街の千日前にある店舗だが、
千日前地区はわずかの距離の中に1万台以上が集まる一大激戦区。

四海楼airの目の前にも、2015年に楽園なんば店が開店し、
激戦状態に拍車がかかった。その中にて5円スロット専門店という形をとり、
高稼働を実現することに成功している。

繁華街立地にて特徴的な小型店舗を数々運営する四海楼ならではともいえるが、
全国的にも数の少ない5円スロット専門店として高稼働を実現している姿には注目が集まるところだ。

今月のランキング内には関東以西の店舗が中心となっている。
この時期は田植え等による農作業が多いことから東北地方のランクインがないとも考えられる。

また、ランキング店舗は4円ぱちんこ、20円スロット専門店。併設店、低単価専門店、
低単価スロット専門店と多種に渡る。厳しい業界環境下において、
運用金種を変更する店舗も出てくるだろうが、高稼働店舗の状況、
事例を参考にしてみることも必要なことだろう。

島田ドットコムカテゴリー一覧へ

関連記事一覧

島田ドットコム

大海4打ってみた

島田ドットコム

埼玉南東ぶらり旅

島田ドットコム

【SCクラブ News Mail】1円パチンコでゴト被害(九州地区)

島田ドットコム

稼働率ランキング2017年11月01日~11月15日

島田ドットコム

ルパンの続編打ってみた

島田ドットコム

オリジナル機を打ってみた