Now Loading...

Now Loading...

足立区最北部ぶらり旅

ここ最近は
住みたい街として上位にランクされるのが
東京足立区北千住

住みたい街としてのアンケートが
憧れの街よりも
現実的に住みたい街に変化したことがこの結果だが
北千住や赤羽といったところが上位に来るのも
街としての魅力も変化してきた結果といえよう

東京23区中地価の最も安い足立区
地価の安さも住みやすい街の要素の1つであることは間違いないが
安価な地価は様々な人を呼び込み
生活保護率の高さ、平均年収の安さも足区の特徴ともいえる

日々の生活に不満を抱えている人達も多く
身近な娯楽であるぱちんこの相性が極めて良い

数年前に出店し
グループ内でも良好な結果を出しているといわれる
繁盛店マルハン鹿浜店も同じく足立区
ぱちんことの相性の良さはうかがい知れる

今回ぶらりとしてみるのは
足立区竹の塚
浅草から伊勢崎を結ぶ東武伊勢崎線の東京最終駅
次の谷塚駅からは埼玉県となる
都内の地下鉄とも直通する東武伊勢崎線はアクセスがよく
竹の塚は都心に通うためのベッドタウンともいえる

竹の塚といえば
業界人であればすぐに浮かぶのが
ピーアーク
業界の雄であるピーアークのお膝元である

時は7月21日
竹の塚駅を降りてみると
黄色いポロシャツを来た方々が
手に風船を持ちなにやら忙しい
それもそのはず
当日リニューアル12時オープン
店内も多くの客数で賑わう

ピーアークスタジオ-1
ぱちんこ496台
スロット476台
都内駅前屈指の大型店

この店舗をリニューアルオープンに向かわせ
本気の対抗に向かわせたのが
今回のぶらり旅の目的地
メッセ竹の塚店
である

メッセ竹の塚店をグランドオープンさせた株式会社メッセだが
創業当初より新小岩、奥戸、扇といった
東京下町に出店を進めていた
その後埼玉北部や群馬といった北関東に展開していたが
東京足立区周辺も凝視している
関東の雄企業である

竹の塚から徒歩で15分ほど
足立区のメイン幹線日光街道沿い
ぱちんこ576台
スロット424台
1,000台ジャストがメッセ竹の塚
竹の塚から歩くのは自分くらいであり
自転車、バイク、車客が中心
店舗上には立体駐車場を構える

店舗案内のウェブにて
車客への案内をみると
草加、鹿浜、亀有、八潮方面からの
誘導案内を掲載
これをみると記載エリアの店舗からの
誘導を見越し、競合視していると見える

開店と同時に店舗を訪れた人から連絡をもらったが
満員御礼とのこと
自分が訪れた際も打てない人達が島端にて待機している状態
盛り上がりを見せてのグランドオープン

さすがに何件もグランドオープンさせている企業だけあり
スタッフもグランドオープン初日にもかかわらず
安定した動きにみえる
オープン前の研修等には時間を費やしたことが垣間見れる

遊技客をみると
グランドオープンともなれば
集まるような上手そうな顔ぶれ
たまたま空いた台にはチャンスはないのはわかりつつ沖ドキ

REG一回でサクッと終了
あらためるとしよう

都内としては数少ない
ワンフロア1000台
これだけでもメッセの本腰の入れようはわかるが
凝視している足立区の店舗だけに
これからの競合の対策にも
真っ向で立ち向かっていくことだろう

足立区周辺のプレイヤーは
しばらく嬉しい状況が続くか

店を出て
竹の塚方面に帰ろうとしたら
保木間の地名を発見
数ヶ月前に週刊誌を賑わした記事に出ていただけに
足を運ぶことも考えたが
あまりの暑さに断念
まっすぐ竹の塚方面に向かう

それにしても竹の塚駅周辺には
フィリピンパブが多い
東京のリトルマニラと呼ばれるだけのことはある

誘惑も多いが
時間はまだ早い
大人しく帰るとしよう

島田ドットコムカテゴリー一覧へ

関連記事一覧

島田ドットコム

地元に戻りぶらり旅

島田ドットコム

2017年7月01日~7月15日稼働率ランキング

島田ドットコム

足立区最北部ぶらり旅

島田ドットコム

ジェットアロー打ってみた

島田ドットコム

2017年6月01日~6月15日稼働率ランキング

島田ドットコム

退店ぶらり旅